治験コーディネーターという仕事

患者に対して直接の看護をするだけが看護師が担う仕事ではありません。医療現場で働く方法として治験に関わる道もあり、治験コーディネーターとして病院に勤務する人もいます。

治験コーディネーターは医療現場で治験のマネジメントをするのが主な仕事です。医薬品メーカーや医療機器メーカーなどの依頼を受けたり、医師主導の治験の実施相談を受けたりして治験の計画を具体化します。そして、関係スタッフと被験者を集めて治験の説明を行ったり、実際に現場を確認しながら治験を進めていきます。

治験コーディネーターになると病院で患者の看護をすることはなくなりますが、医療職から離れるわけではありません。新薬の開発などに携わることにあり、治験に参加する人の様子を観察したり、服薬管理やバイタルサインの確認や記録をしたりするので、看護業務と大きくかけ離れることはないのです。

また、インフォームドコンセントを取るのも重要な役割になります。そのため、看護師として医療現場で働いてきた経験が直接役に立ちます。ただし、それらの業務を他のスタッフに任せてマネジメントに徹することも可能であり、働き方は現場に応じて柔軟に変えることが可能です。治験を進める上では医療スタッフとのやり取りが基本になりますが、その点でも看護師としての経験が活用できるでしょう。

治験の仕事は、患者から感謝されたりすることはありませんが、看護師の経験がある程度ないとこなせない仕事であり、医療の発展に関われる魅力があります。今回は治験の仕事にスポットを当てましたが、業界内には様々な職種が存在しています。見聞を広めたり、各職への理解を深めたりしたい方は、ぜひこちらのサイトで詳細をチェックしてみてくださいね。