患者と接する時間が多い看護師の日常

一般的な医療現場である病棟勤務の看護師は、日勤の場合、夜勤の看護師からの申し送りで業務をスタートします。それが終わってから、通常の業務に取りかかります。

まず、午前中は担当する患者の部屋を回り、検温や血圧チェックなど、患者一人一人のバイタルサインのチェックや必要な処置を行います。現場ではイレギュラーなことも多く、予定通りに業務が進まないこともしばしばあります。ナースコールが鳴れば対応しなくてはいけませんし、臨機応変な対応が重要になるでしょう。

また、日によっては入浴介助を行うのも日勤の特徴です。浴槽に入れない患者は体を拭くなどの対応をしなければなりません。また、食事のときには配膳を行うこともありますし、身体介助の必要な人には、ペースを合わせゆっくりと対応します。それから、お見舞いに来る人の対応を行う場合もあります。そして、夕方になるとその日のまとめを行い、夜勤の看護師に引継ぎをします。

一方、夜勤の場合はここからがスタートになります。申し送り後、夕食の配膳、そしてその後は病棟を回り患者の様子を観察します。夜勤の場合、日勤に比べると担当する仕事は少なく、比較的ゆとりを持って働くことができますが、患者に突発的なことが起こったり、ナースコースが鳴れば臨機応変に対応をしなければなりません。

このように、患者と接する時間が多い看護師の仕事は多岐に渡ります。日勤と夜勤というようにシフトも不規則になり、大変ハードですが、患者やその家族に「ありがとう」と感謝されると、大きなやりがいを感じられます。