医療と介護における仕事の違い

看護師が働く職場として典型的なのが病院やクリニック、介護現場である特別養護老人ホームや訪問看護ステーションなどです。医療と介護のどちらの業界でも看護師の仕事は患者や高齢者などの看護を行いつつ、医師や介護士などのサポートをすることが特徴と言えるでしょう。

しかし、どちらの業界で働く場合にも共通点はあるものの、現場が目指していることには違いがあります。そして、看護師に求められている仕事に対する姿勢にも差があるようです。

基本的には医療現場では病気を患っている患者の治療を行い、健康な状態に戻すことが目標になります。そのため、確立された治療方法がある場合には、それに忠実に従って治療を行うことになります。看護師の役割も決まっており、患者に接するときもコミュニケーションを図りながら、症状を確認し、快報に向かうようにケアをします。

一方介護の場合には、老化の改善ではなく、QOLを高めることが目標になります。そのため、高齢者が何を求めているかに耳を傾けて、最良の医療ケアはどんなものだろうとその都度思案しながら対応していくことが求められます。また、介護施設では行える医療処置に限界があるので、症状が深刻な場合は、病院との連携をスムーズに行うことが求められます。

このように、看護師は働く場所が変わると、担う仕事が微妙に変わってきます。そのため、職場選びをする際には、自分に合った職場を選択肢する必要があるのです。