看護師は日々勉強の連続です

医療業界で働く看護師は、仕事として医師や薬剤師などの専門家と日常的にコミュニケーションをせざるを得ません。仕事の一つとして重要なことは、他の医療従事者のサポートを行うことであり、特に医師のサポートを行うことは重要になります。忙しい現場で速やかに仕事をこなしていくためには、円滑なコミュニケーション能力が必要になってきます。

しかし、一口にコミュニケーション能力といっても、医療従事者同士の場合は、そこに専門用語がプラスされます。医師や薬剤師はそれぞれの専門性に従って常識的に使う専門用語があり、それを理解していないとコミュニケーションに苦労することになります。そのため、医療業界で働くと決めた看護師は、就職してから当面は専門用語の勉強に追われるようになるでしょう。

医療の現場では、国家試験のために勉強してきた医療用語だけでは不足してしまいます。さらに、専門の診療科が決まると覚えなければならない用語が飛躍的に増えます。仕事と並行して、日々勉強を行う必要もでてくるのが医療業界の特徴です。

しかも、専門性の高い看護師になろうとすると、専門用語だけでなく医療知識についても理解が求められるようになります。ベテランとして認められるようになるためには、当面は勉強を続けなければなりませんが、一度身についた知識はその後大きな武器になります。

看護師の仕事は肉体的にも精神的にもハードだと言われていますが、貪欲にスキルや知識を身につけると、どんな医療現場でも重宝され、活躍の場も広がるでしょう。